わたしのアトピー治療体験記 vol.1

[エピソード・体験記]

2014年10月28日 [火]

おすすめアトピー記事

vol.1 先生との二人三脚でおしゃれの幅が広がった!20代・女性

幼い頃から、肌の状態が大変ひどく、色々な病院にいくものの良くなりませんでした。
夏でも半そでやスカート・首もとの開いた服など 肌の出た服装は見苦しく、また空気に触れると痛いので全てあきらめており、暑さに耐えてずっと苦しんでいました。
10代の後半に、現在の皮膚科主治医に会い「絶対に治ります」という言葉を信じ、治療を受け始めると少しづつではあるが改善してきました。
それと共に、肌が出る服が着られるようになってきたところ、周囲の知人友人から、日焼したことがない肌の白さや、服装の変化に伴う雰囲気の変化を「びっくり!イメージが変わった!」などとほめられるようになりました。
それが本当にうれしくて、面倒な通院や治療がまったく苦に感じず、現在では皮膚炎の症状が大方抑えられる程にまで改善しました。

※この体験談はQLifeが実施したアンケートの回答をもとに、QLifeアトピー編集部が作成したものです。

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

興味のあるタグをクリック