アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法

[清水良輔先生の診察日記] 清水良輔先生

2013年12月02日 [月]

おすすめアトピー記事

これまでのステロイドのコラムでプロアクティブ療法のことを断片的に述べてきましたが、ステロイドをこれから使おうという方にとってもこれから止めようという方にとっても優れた方法と考えられるので一度きちっと述べておきたいと思います。

 

プロ(PRO:前)アクティブ(ACTIVE:活動的)の意味は読んで字の如く病気が活動的になる前に対処(治療)しましょうということだと思います。
従来は調子が悪いときにステロイドを使って良くなれば長期連用を避けてステロイドを使わないようにするというリアクティブ療法(REACTIVE:反応する、すなわち悪いときにリアクションするがごとくステロイドを使うという風に考えていただけると良いかと思います)が主流でした。

 

しかしアトピーの調子が良いときには一旦きれいにしてしまうことですごく調子がいい時期を長く過ごせたりするのですが、調子が悪いときには止めるとすぐ出てきてしまい「いたちごっこ」のように出ては使い、止めては出るを繰り返してしまい、ステロイドが対症療法の域を抜けられず長引くとだんだん不安になってくるという方々を多く経験しました。
一方プロアクティブ療法は一旦きれいになっても薬を中止せず、きれいでもプロトピックという免疫抑制剤の軟膏に塗り替えたり、ステロイドを3日に1日塗ったりという方法で一定期間維持すると単に薬で抑えているというだけでなく、掻破習慣がなくなってくるためにもともとのアトピーも良くなってきます。
4日に1日、さらには5日に1日などという症状が悪くならないまま薬を減らしてゆけるようになります。

 

私なりのプロアクティブ療法に関する心得を紹介します。
最重要なことはステロイドに対して多少不安でもこの方法にチャレンジしてみよう!使って良くなりたいというモチベーションがあることだと思います。
そして一旦完全にきれいになることが非常に重要で、状況によって最初はステロイドの一時内服を併用してでもきれいになってから減量をする。
外用ステロイドは顔以外はベリーストロングクラスを使用して、とりあえず3日に1日、1日2回塗る。
顔はプロトピックに切り替えて毎日塗っていれば、きれいなままというのが当面の到達目標です。

 

3日に1日は月10日ペースで充分安全です。
そして血清TARC等の血液検査をみながら調子が良いまま4日に1日、5日に1日とゆっくりと減らしてゆきます。
きれいになっても塗る面積を減らさず1日2回塗るというのは結構大変です。
したがってモチベーションが重要になってくるのです。
そして掻破が減るばかりではなく、いい調子が長く続くことで本来のご自分らしい生活、アトピーの影響を受けていない生活をどんどん取り戻してゆかれることが重要です。
そういう意味でもモチベーションが重要でステロイドに対して強い不安をもっておられる方は難しいといえます。

 

プロトピックはステロイドよりもっとゆっくり止めてゆけばよいと考えます。
ステロイドにしてもプロトピックにしても最期は良くなって止めるという明確な目標が必要です。
私は7日に1日まで減らせるとステロイドから離れられると考えています。

清水良輔先生

皮ふ科しみずクリニック院長(皮膚科専門医) 1953年、神戸市生まれ。
白衣を着ない出で立ちと、髭・長髪がトレードマーク。
兵庫県神戸市にて、皮膚アレルギー疾患を専門とし長年診療を続け、これまで診てきたアトピー性皮膚炎の患者数は3万人以上。
約15年、国内の皮膚科としては唯一、心身医学的な観点からアトピー性皮膚炎を診療し、数多くの患者さんを精力的に治療している。
趣味:料理、旅行、スキー、サッカー観戦、競馬、南の島で心理本を読むこと
好きなこと:食べること
座右の銘:次善の策
略歴
1978年帝京大学医学部卒業
1983年神戸大学医学部皮膚科 助手・医局長
1994年神戸労災病院皮膚科 部長
2001年神戸大学医学部臨床助教授兼任
2002年神戸市灘にて開業(皮ふ科しみずクリニック) 現在に至る

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
74% 9% 0% 17%
一言感想

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。