保湿が治療の基本です 2

[これが基本となる正しい治療です] 古江増隆 九州大学大学院皮膚科学教授

2014年8月07日 [木]

おすすめアトピー記事

皮膚を乾燥させないことが最大の治療です

アトピー性皮膚炎の治療でなによりたいせつなことは、皮膚のバリア機能をこれ以上、低下させないことです。皮膚を少しでもよい状態に保つことができれば、汗やホコリといった外からの刺激をはねのけることができ、炎症がおこりにくくなります。

では、どうしたら皮膚のバリア機能を保てるのでしょうか。それは「皮膚にうるおいを与えること」。つまり、「保湿」のひとことに尽きます。皮膚の外側には角層(角質層)という組織があります。そのなかでは細胞が層になって積み重なり、水分や皮脂が保たれるしくみになっています。この皮膚の保湿機能が外からの刺激に対してバリアの役目を果たし、簡単には体内に異物が侵入できないようになっています。

ところが、アトピー性皮膚炎の患者さんは、この角層の構造がもろいためにふつうの人より皮膚が乾燥しやすく、バリア機能が低下していることが知られています。そのため、外部の刺激をより直接的に受けやすく、過敏に反応したところが炎症をおこし、かゆみの原因となるヒスタミンなどの物質が集まりやすくなるのです。

そこで、アトピー性皮膚炎の症状を改善させたり、再発を予防したりするには、スキンケアで保湿を心がけ、皮膚の乾燥を徹底的に防いで、皮膚のバリア機能を保つことがとてもたいせつになってきます。

(正しい治療がわかる本 アトピー性皮膚炎 平成20年10月30日初版発行)

古江増隆 九州大学大学院皮膚科学教授

1980年東京大学医学部卒業、同年東京大学医学部附属病院皮膚科学教室入局。
85年同病院皮膚科医局長。
86年、アメリカのNational Institutes of Healthの皮膚科部門に留学、88年東京大学医学部附属病院皮膚科復職。
同年東京大学皮膚科学教室講師、病棟医長。
92年山梨医科大学皮膚科学教室助教授、95年東京大学医学部皮膚科助教授。
97年九州大学医学部皮膚科教授、2002~04年九州大学医学部附属病院副院長兼任。
08年より九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センターセンター長兼任。
02~04年厚生労働省研究班「アトピー性皮膚炎の既存治療法のEBMによる評価と有用な治療法の普及」主任研究者、05~08年同「アトピー性皮膚炎の症状の制御および治療法の普及に関する研究」主任研究者。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 100%
一言感想

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

興味のあるタグをクリック