重症度の変化に注意し、治療を進めます 5

[診断はこのように行われます] 古江増隆 九州大学大学院皮膚科学教授

2014年7月30日 [水]

おすすめアトピー記事

治療のゴールは、症状が出ない状態

アトピー性皮膚炎の多くは、その人が生まれつきもっている体質がたしかにかかわっています。病気を完全に治すには、体質そのものを変えなければいけません。しかし、残念ながら今の医療では、そこまでの治療法は開発されていません。そこで日本皮膚科学会では、治療のゴール(寛解(かんかい))を次のように決めています。

  1. 症状がない。あるいはあっても軽微であり、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない。
  2. 軽微ないし軽度の炎症は持続するが、急性に悪化することはまれで、悪化してもだらだらと続くことはない。

治療のゴールに示された軽微とは、炎症がほとんどみられず、皮膚の乾燥を主体にした状態です。
アトピー性皮膚炎は、ガイドラインに沿って治療を続けていけば、ほとんどのケースで症状は改善します。乾燥に対する保湿は寛解したあとも欠かせませんが、ステロイド外用薬などをまったく使わなくても過ごせるようになる人もいます。また、薬を完全にやめることはできなくても、ほんの少量だけですんでいる人たちもおおぜいいます。

(正しい治療がわかる本 アトピー性皮膚炎 平成20年10月30日初版発行)

古江増隆 九州大学大学院皮膚科学教授

1980年東京大学医学部卒業、同年東京大学医学部附属病院皮膚科学教室入局。
85年同病院皮膚科医局長。
86年、アメリカのNational Institutes of Healthの皮膚科部門に留学、88年東京大学医学部附属病院皮膚科復職。
同年東京大学皮膚科学教室講師、病棟医長。
92年山梨医科大学皮膚科学教室助教授、95年東京大学医学部皮膚科助教授。
97年九州大学医学部皮膚科教授、2002~04年九州大学医学部附属病院副院長兼任。
08年より九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センターセンター長兼任。
02~04年厚生労働省研究班「アトピー性皮膚炎の既存治療法のEBMによる評価と有用な治療法の普及」主任研究者、05~08年同「アトピー性皮膚炎の症状の制御および治療法の普及に関する研究」主任研究者。

読者の感想:この記事は参考になりましたか?

とても参考になった まあまあ参考になった 普通だった 参考にならなかった
0% 0% 0% 100%
一言感想

記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

興味のあるタグをクリック